佐鳥電機株式会社 「ワイヤレス&エンベデッドソリューション」Webサイト

IMESシステムの基本構成

弊社IMESシステムの基本構成は、測位のためのGNSS/IMES受信機(以後、IPT920)と、その位置データを使用・管理するアプリケーションとで構成されます。

IPT920は、屋外ではGPSやGLONASS、QZSS等のGNSS衛星からの信号を受信して測位します。また、屋内では、IMES送信機からの信号を受信して測位します。屋外から屋内への移動(またはその逆)において、受信設定切替などの操作は一切不要です(シームレス測位)

IPT920は、測位した位置データを920MHz帯無線でゲートウェイへ送信します。ゲートウェイは、受信した位置データをイーサネットにプロトコル変換し、LAN経由でサーバ等へ送信します。
サーバ等に、位置情報管理用のアプリケーションを導入することで、IPT920の位置を把握・管理する事ができます。また、そのデータは、他の機器でも利用や閲覧をする事が可能です。

製品 役割
GNSS/IMES受信機 (IPT920) 測位、位置情報を920MHz帯無線で送信
ゲートウェイ (IPT920GW) 位置情報の受信、プロトコル変換、サーバ等へデータ転送
IMES送信機 位置情報(IMES信号)送信
ネットワークシステム
(サーバ/クライアント)
位置情報データ管理(サーバソフトウェア)
位置情報閲覧・活用(クライアントアプリケーション)

本図は基本的なシステム構成の一例です。
弊社では、IMESに関係する各種ハードウェアの開発・製造を中心に、お客様のご要望に適ったシステムをトータルソリューションとしてご提供いたします。