佐鳥電機株式会社 「ワイヤレス&エンベデッドソリューション」Webサイト

TPMとは?

TPM(Trusted Platform Module)チップとはTCG(Trusted Computing Group)が策定する次世代のセキュリティ環境を実現するICです。

《TPM応用例》

  1. パソコン、POS

    データの暗号対応、トラストブート

  2. MFP(マルチファンクションプリンター)

    データの暗号対応、機器認証、トラストブート

  3. カーナビ

    暗号化通信のための鍵管理

  4. AV機器

    著作権データの保護(暗号化)

  5. スマートフォン

    セキュアブート(機器認証)

《機能概要》

HW暗号機能 、完全性の証明、完全性の計測機能

・RSA2048
・真性乱数発生器
・SHA(ハッシュ関数)
・PCR(Platform Configuration Register)を
使用してプラットホームの完全を計測し保存
・機器認証
・プラットフォーム認証
・データの署名:データ改ざん防止
・2つの鍵のみ保有:EK、SRK
EK:Endorsement Key – TPM自体を識別
SRK:Storage Root Key – マスタラッピング


TPM IC ラインアップ

シリーズ名 概要 状況
NPCT42x TPM1.2 LPC I/F 販売中
NPCT50x TPM 1.2 I2C I/F 販売中