トイレ節水ソリューション「センサレット」

現状分析

  • ・女性トイレは男性用と異なり、大用・小用の区別がない。  (小用の場合は水が余分に流れています)
  • ・しかも、女性トイレ利用者の80~90%が小利用者である。  (9割は余分に流れています)
  • ・また、利用者1人の洗浄回数は平均2回以上水を流している。  (従来のフラッシュバルブハ1回の操作で12~15ℓの水が流れます。これは1升ビンで13本以上です)
  • ・直接ハンドルに触りたくないとの意見が聞かれる。
  • ・流し残しがあり、不快な思いをすることがある。
フラッシュバルブ
  • ・1回の操作で12~15ℓ
  • ・平均2回流す
  • ・1人使用毎に24~30ℓの水が流れされている
  • ・9割は余分に水が流れている

ご提案のポイント

ココがスゴイ! 節水効果
  • ・節水リニューアルで、コストを削減出来ます。
  • ・大小の流し分けを自動的にコントロールします。
ココがスゴイ! ノータッチ洗浄で衛生的
  • ・多くの女性が望む清潔・衛生的なトイレを実現します。
  • ・流し忘れ防止機能がついています。
ココがスゴイ! 取付け簡単
  • ・配管工事、断水の手間がなく既存の大便器フラッシュバルブに簡単に取り付けられます。 (30分程度)
  • ・バッテリー式であるため、電源工事が不要です。

トイレ節水システムの概要

  • ①洗浄センサーに手を近づけると任意で小水量が流れます。
  • ②人体検知センサーで滞在時間を感知し、大、小を判別して最適な水量が流れます。(3-1項参照)
  • ③40%の節水効果が期待できます。(4項参照)
  • ④既存のフラッシュバルブに簡単に取り付けられます。
賢い頭脳
動作概要
製品仕様

期待される効果

節水効果
  • ①従来のハンド式フラッシュバルブは、1回の操作で12~15ℓ水が流れます。
  • ②女性のトイレ利用は90%が小用です。
  • ③1回のトイレで平均2回流します。
従来のハンド式フラッシュバルブでは
小用、大用 12ℓ × 2回 = 24ℓ
これを平均するとセンサレットでは
 小用 6ℓ×2回    ×90%=10.8ℓ
 大用 6ℓ×2回+12ℓ×10%= 2.4ℓ
            合 計 13.2ℓ

従来のフラッシュバルブと比較すると・・・10.8ℓ節水

削減金額(1)
経済効果として、水道料金の削減金額は次のように算定できます。

水道料金削減額(月額)=1人当りの節水量×1日の使用人数×30日×水道料金単価

例)条件 1人当たりの節水量 10ℓ(0.01㎥)
     1日の使用人数    60人
     水道料金単価    500円/㎥

 

水道料金削減額(月額)=0.01㎥×60人×30日×500円 = 9,000円
           年間では、9,000円×12月=108,000 削減
これは、トイレ1箇所の削減金額ですので台数を掛ければ、全体の削減額になります。

※毎月の水道使用量と水道料金(上下水道)が提示されれば、平均的な水道料金単価が計算できます。 3ヶ月程度の平均が目安となります。

水道料金単価=水道料金÷使用水量

削減金額(2)
  • ●各治自体の平均水道料金単価(月に101㎥以上ご使用の場合の上下水道料金単価(㎥))
  • ●1台当たり10㎥の節水として
  • ●1日50人利用するトイレの場合、上下水道合わせて水道単価300円/㎥以上なら経済効果が期待できます。(3年以内で償却できます)
  • ●設置台数により更に削減効果は期待できます。
地域・社会貢献、顧客満足
  • ①地球温暖化による水不足。また、年々増える水道使用量に供給が追い付かず、渇水が問題になっています。
    節水によって社会貢献ができ、「環境保護」にもつながります。
    水の使用量削減 = 「CO2の削減」(浄化設備や上水道設備の稼働低減)につながります。
  • ②バルブに直接触れることがなく、センサーに手を近づけると水が流れるため、女性に好評で「顧客サービス」に貢献します。
    また、ウイルス等の「感染防止」にもつながります。(手からの感染防止)

主な導入実績

メンテナンスとアフターサービスについて

黄色ランプが点滅すると交換時期となります
※1日100人使用するトイレにおいて、約2年間交換しなくても使用できます。
黄色ランプが点滅した時点より、1日100人使用するトイレで1週間使用することが出来ます。


使用している水(上水、地下水、雨水など)にもよりますが大よその年数です ※10年以上メンテナンスがなく使用している場合も御座います。

メンテナンスについて

時に生じる支障としては次のようなものがあります。
電池切れ、水量が少ない、水が止まらない、水が流れない、センサー感度が悪いなど
ご要望が御座いましたら、直ぐにメンテナンスを実施致します。
メンテナンスでは主に、電池交換、ピストンバルブ交換、電磁弁交換、センサー交換、パッキン交換が御座います。(メンテナンスは30分程度で完了します。別途メンテナンス部品の費用、取付け工賃が必要となります。

【開発中】データ通信機能付き 大便器トイレ節水装置(SensoretG)

■センサレットFからの新機能追加のご紹介
1.通信機能内蔵のため、使用状況を把握。
2.iPad・パソコンから水量の調整。
  • ①量水計で吐水量を把握できるため、使用状況を確認することが出来ます。
  • ②トイレに入室することなく、いつでもパソコンなどから吐水量を調節できます。
  • ③吐水量を少なく調整しすぎ、トイレットペーパーが詰まるなどのトラブルがあった場合は、もう少し吐水量を多めに調整するなど簡単に水量の変更が可能です。
  • ④詰りなどのトラブルが全くない場合、もう少し節水したいなどのニーズに合わせた管理が出来ます。
3.iPad・PCでトイレの異常を監視。。
  • ①.水がチョロチョロと流れっぱなしの状態があった場合異常を通知し、ムダな水の流出を防止します。
  • ②吐水したが、指定の量が流れていなかった場合も異常と捉え通知します。
4.データ通信のしくみ

・サーバー上で、日々、時間毎、曜日毎の使用回数等を表示(グラフ化含む)し、常に状態が把握できるとともに、データの解析が可能です。